信頼と実績を誇る住友林業の注文住宅に依頼しよう

  1. ホーム
  2. 得策となる検討

得策となる検討

模型を持つ人

中古ならではの見学

頭金やボーナス返済など、返済期間を考慮しても手に入れられるのは中古一戸建て住宅の特徴です。特に鎌倉エリアでは賃貸に住んでいた人が、中古一戸建ての購入を検討しています。住宅を取得すると固定資産などの馴染みのない出費も掛かるため、ボーナス抜きの返済が計画できると評価されています。特に、家具をレイアウトしてみると理想的な部屋の広さが分かるため、家具付きで提案されているのもポイントです。LDは多機能空間で、鎌倉の様々な世帯でも必要な家具が多い空間に挙げられています。動きの確認が図れるため、通路スペースのとり方、標準的なサイズや配列までが自然に図れます。もちろん、家具を一から揃えたくない場合には家具も含めた値となっていたり、レイアウトの参考に配置されているケースもあります。中古ならではのプランニングを提案している戸建ての見学も得に繋がっています。

下見のポイント

中古一戸建てが売りに出されている理由は、直接取引を行う不動産会社でしっかり確認しておくのが得策です。一概には言えないものの、転勤や家族の増減などのライフスタイルの変化で手離すケース、住宅ローンの返済などによって売却されることもあります。鎌倉エリアには施工の技術が進み、中古一戸建て住宅でもリフォームや大規模修繕を行わずに即、入居できる住宅も増えています。下見を行い、不動産を見極める目が必要なのも大きな買い物となるためで、同じく入念な下見は防犯にも共通します。鎌倉エリアにも、国際化や景気などを含め、不審者や侵入者などの防犯対策が話題です。周辺の下見、家の下見も大事です。玄関・窓・門・庭・バルコニーなど、採光を意識した中古一戸建てには防犯性の高い設備を採用するなど、検討やプランニングに取り入れることも得策です。